個人の車査定では、行政書士を利用しよう

個人の車売却

個人での車売却は、相手が信頼できる場合には安く車が手に入るいい方法ですが注意も必要です。

身内や友人知人から個人的に車売却で車を購入した場合に、実は名義変更のトラブルが起きるケースも少なくありません。

買い手側が名義変更をしてくれない場合、売り手側は所有者の責任として自動車税の支払いをしなくてはなりませんし、その車で事故や犯罪が起きた場合には責任をとらなくてはならなくなる可能性が出てきます。

そのようなトラブルをできるだけ回避するためにも、また名義変更の書類作成ミスをしないためにも、行政書士のような書類を作成する代行屋さんを利用するのが安心です。

名義変更の書類は、絶対に間違えてはならないものもあり、一度提出してしまうと場合によっては相手に大きな迷惑をかけてしまうこともあります。

名義変更を行う運輸局の周辺には多くの行政書士事務所があります。確実に手続きすることを考えれば、プロにお願いするのが一番安心です。

買取会社経由であれば、細かい手続きもすべて任せられます。
売るつもりもなくても、今乗っている車が、それくらいの価値があるか、査定してみませんか?

車売却で人気の一括査定会社

車売る 第1位
ズバット車査定ズバット車買取比較.com

http://www.zba.jp/
ズバット車査定 車売却

車売却サイト 第2位
かんたん車査定ガイドかんたん車査定ガイド

http://a-satei.com/
かんたん車査定ガイド 車売却

車売却サイト 第3位
車売却 カーセンサーカーセンサー.net

http://kaitori.carsensor.net/
カーセンサー 車売却

車売却時の名義変更手続きについて知っておきたい事

車売却を行う際は、名義変更(移転登録)をどのようにしなければならないかについては、予め知っておく必要があります。

まず、車売却は車を他人に譲渡する行為が含まれるので、譲渡が行われてから15日以内に名義変更手続きを行って新しい車検証の交付を受けなければなりません。

中古車販売店や車買取専門店で車売却を行う場合、売却後の名義変更手続きは店側で全て行われます。

そのため、車の所有者は車検証や自賠責保険証明書、印鑑証明書、自動車税納税証明書などといった名義変更を行うために必要な書類を準備し、売買契約を結ぶ時もしくは引き渡しを行う時に店側に提出すれば良いです。

注意しなければならないのは、個人売買によって車売却を行う場合です。この場合は必要書類を揃える都合上、売主と買主の間で名義変更をどのように行うかは明確に決めておかなければなりません。

個人売買における名義変更は新しい所有者となる買主側で全て行うようにするよう取り決めるのが一般的ですが、このように決めた場合は売主は譲渡証明書と委任状を作成し、車検証などの他の名義変更に必要な書類とともに買主に手渡さなければ、買主が運輸支局等で手続きを行うことができないので注意しましょう。

車売却