中古車の買取額を少しでも上げるには

買取額を上げるには

車売却を考える時には少しでも買取額を上げることができればそれに越したことはありません。

そのためにまず行うことができるのは、どこに売るかを考えることです。

トップページでも紹介していますが
ディーラーでの下取りを安易に考えやすいところですが、ディーラーでは一律に基準が定められておりあまり高値で買い取られることはありません。

それよりも中古車の売買を専門に行っている業者に査定してもらうほうが買取販売のノウハウを多く持っているため高値での取引が可能となります。

その点でネットの一括査定は多くの買取業者から見積もり額を知ることができるので効果的です。

また査定をしてもらう前に実際に車を綺麗な状態にしておくことで査定士の心象を変えることができスムーズな取引がすすむこととなります。

また、売る時期も関係します。

冬を前に四駆の車は高く売れますし、モデルチェンジ前に売ればやはり高値での取引が可能となります。

車売却には売る場所、タイミングなどちょっとしたことが買取額を上げるコツと言えます。

車売却で人気の一括査定会社

車売る 第1位
ズバット車査定ズバット車買取比較.com

http://www.zba.jp/
ズバット車査定 車売却

車売却サイト 第2位
かんたん車査定ガイドかんたん車査定ガイド

http://a-satei.com/
かんたん車査定ガイド 車売却

車売却サイト 第3位
車売却 カーセンサーカーセンサー.net

http://kaitori.carsensor.net/
カーセンサー 車売却

車売却をする際に査定額に関係してくる走行距離について

車売却に際して、査定額に大きく影響してくるものがいくつかありますので紹介しましょう。

その一つが走行距離です。
当然のことながら、走行距離が少ないほうが査定額が高くなります。

年式の古いクルマであっても、走行距離が少ないと同等の年式のクルマと比べると、高額査定が出やすくなります。

しかし、これとは逆に、年式が新しくても、距離を多く走っているクルマの査定額は同等の年式のクルマと比べると低くなってしまいます。

一般に、10万キロを超えると、クルマの価値がほとんど無くなってしまいます

10万キロを超えたクルマをほしいと思う人が急激に少なくなるからです。

ただ、実際には今のクルマは10万キロ走ってもエンジンは問題ありません。

それでも極端に査定額が下がってしまう可能性があるのは、車売却の相場が需要と供給で決まるからです。

そのクルマがどれだけ良い状態のクルマであっても、
そのクルマに対する需要が少なければ、買取価格も下がってしまう仕組みになっているのです。

車売却